1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
80対20の法則を覆す ロングテールの法則
菅谷義博


あなたの会社のマーケティングは遅れてませんか??

新時代のマーケティング方法とは!!



今回のポスト・イット


●パレートの法則
80対20の法則
売り上げの80%は顧客の20%が生み出す
売り上げの80%は商品の20%が生み出す
トラブルの80%は顧客の20%が生み出す 等々


●ムーアの法則
半導体の性能は18~24ヶ月で倍増する
しかし、最近の技術革新はそのスピードすら超えている。


マーケティングの自動化
これまでのマーケティング活動は主に「勘」、「センス」で行われていて、科学的な手法の入る余地はなかった。
しかし、インターネット、ブロードバンドの普及により、科学的、統計的手法を用いたロジカルなマーケティングが行えるようになってきている。
自動化することで分析と評価が可能となり、「売れた活動」と「売れない活動」を明確に分け、売り上げを論理的に向上させていくことができる。


マーケティングとは
「売れる仕組みづくり」であり、市場調査やCMを作ることではない。
商品は店員や営業マンが売るのではなく、「売れる仕組み」が売る。


●クロスセル
メインで買われているものに何かをつけて販売する方法


●アップセル
普段購入するものよりも、さらに価格の高いものを進める方法


SEO(Search Engine Optimization)
検索エンジン最適化
ある特定の検索エンジンの検索結果上位に掲載されるための技術。


SEM(Search Engine Marketing)
検索エンジン・マーケティング
検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法



ウエブ進化論にも載っていた
ロングテール理論の解説本

現代は
全てが数値化される時代ですね。

アマゾンのお勧め紹介機能や
グーグルのアドセンス広告等
ネットを使っている人の好みを
計算によってはじき出す!!

すごい技術ですが、
この先どうなっていくのか
ちょっと怖い気もする、今日この頃。

ranQブログランキング
おかげさまで、本日ランキング2位です!!
上位キープ中。ポチッとお願いします!!

FC2ブログランキング
おかげさまで、本日ランキング26位です!!
こちらもゆっくり上がってきました。ポチッとお願いします!!


80対20の法則を覆す ロングテールの法則80対20の法則を覆す ロングテールの法則
菅谷 義博

東洋経済新報社 2006-02-24
売り上げランキング : 8305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひなみっくすさん、こんばんは!
80対20というのはいろんなものに派生して目に付くことが多いですね。チームで詳しく分析したことはないですが、だいたい当てはまるかなと思います。
応援クリック!
2006/09/20(水) 00:33 | URL | 手文庫 #-[ 編集]
そーですよね。

この法則が頭の隅にあると
なんでも、
それで分類して

しかも、
結構当てはまってる気がしてます。
2006/09/20(水) 21:49 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/84-275fb778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は2つの本の感想を。mixiのレビューに書いたものを、そのまま載せたいと思います。■Web2.0でビジネスが変わる (評価:★★)「Web2.0って何?」という人だったら、とても入りやすい入門書になると思う。 会社名やサービス名などを具体的に挙げているので、大変分かり
2006/09/19(火) 17:30:04 | 不動産2.0/村上yukiが行く発見の旅
ロングテール関連Blogリンク集
2006/09/24(日) 22:23:03 | 話題Blogナビ
ブログ量産ツールが公開されましたね。簡単アフィリエイトの近藤さんが公開したツールです。実はこのツールと非常に相性がいいと思われるのが「プライベートレーベル商材」なのです。
2006/10/07(土) 06:37:44 | ネットでブレイク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。