1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社にいながら年収3000万を実現する
和田秀樹

ポスト・イット

成功の確率を少しでも高めるには
試行とは文字通り、「試して」、「行う」ことである。「これに一生かける」などと思ってはいけない。失敗から学ぶつもりでやってみる試行錯誤が試行である。
単に頭が良いだけよりも、試行錯誤にくじけない、気力や体力が成功を導く。そしてそれには試行するときの考え方が重要である。
何をするにも「うまくいくはずだ」と思って始めるのだが、期待した結果にならないこともある。失敗して損をしても勉強になるのは、仮説をもって試行した場合だけだ。何がうまくいかなかったかの分析は仮説があってこそ成り立つものだから。

「良い失敗」、「悪い失敗」の違いとは
失敗とは、未知との遭遇が原因であって避けられない「良い失敗」と、怠慢による「悪い失敗」がある。そして、避けられなかった「良い失敗」から、新しい発見をすることで、「悪い失敗」を最小限にすることができる。
「どう失敗したか」、「失敗から何を学ぶのか」を追求して、失敗から成功のヒントを得たり、致命的な失敗を避けようという発想は、理系の実験に共通する考え方である。
そして、仮説をともなって試行する、ということと同じくらい重要なのが、失敗した後の態度である。

目次
1章 不況でも、サラリーマンでも、儲けてるヤツは確実にいる
2章 私の「金儲け哲学」を披露する
3章 デフレ時代こそチャンス
4章 「理系発想=試行力」で成功をつかむ
5章 サラリーマンをやりながら、ビジネスチャンスを見つけ、育てる
6章 協力者が集まる「人間関係術」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396314000/hinamix-22
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/8-a47aea56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。