1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?
川島隆太泰羅雅登



飲めない VS 底なし




blogランキングのご協力お願いします。
続きを読む前に、クリックお願いします!!



記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?
記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?
今回のポスト・イット

●ADH
アルコールデヒドロゲナーゼ。
アルコールを酸化してアルデヒドにする反応を触媒する酵素。アルコール脱水素酵素とも呼ばれる。
肝臓に多く存在し、エタノールを摂取した時に働く。
この酵素の活性が高い人はお酒に酔いにくい。


●ALDH2
肝臓、心臓、腎臓、筋肉に多く存在する。
この酵素の活性が高い人は二日酔いになりにくい。




最近ちょっと忙しくて
あまり本読んでませでした。

忙しさを
読まない理由にしないように

また
読み続けていきたいと思います。



目次
第1章 記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?
第2章 「ほろ酔い」気分が、脳を活性化させる!
第3章 酒を飲むと、脳は萎縮するというコワイ話
第4章「それでも酒はやめられない」という、あなたに
第5章 <酒脳対談>“飲めない”川島隆太ד底なし”泰羅雅登

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?
川島 隆太 泰羅 雅登

オトナのための脳授業―ボクらの時代 川島隆太教授の脳を鍛える道場 ついていったら、だまされる (よりみちパン!セ 30) うまい酒の科学 造り方から楽しみ方まで、酒好きなら読まずにはいられない (サイエンス・アイ新書 45) ラストシーン―夢を追いかけ散っていった冒険者たちの物語

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/463-aaf75c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。