1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生物と無生物のあいだ
福岡伸一



生命であるために




blogランキングのご協力お願いします。
続きを読む前に、クリックお願いします!!

今回のポスト・イット

パスツール曰く
Chance favors the prepared mind. 偶然(の女神)はよく準備された人にのみ微笑む。


●生命とは
自己複製するシステム。



なかなか難しい内容です。
二重ラセンやDNAといった
科学用語がでてきます。
文系の人にはなじみがないかもしれません。

が、

ノーベル賞の偉人と
著者の体験をおりまぜて書かれているので
興味があれば
スラスラと読めるかも。

2007年度のベストセラーなんで
一読してみては。


目次
1.ヨークアベニュー、66丁目、ニューヨーク
2.アンサング・ヒーロー
3.フォー・レター・ワード
4.シャルガフのパズル
5.サーファー・ゲッツ・ノーベルプライズ
6.ダークサイド・オブ・DNA
7.チャンスは、準備された心に降り立つ
8.原子が秩序を生み出すとき
9.動的平衡とは何か
10.タンパク質のかすかな口づけ
11.内部の内部は外部である
12.細胞膜のダイナミズム
13.膜にかたちを与えるもの
14.数・タイミング・ノックアウト
15.時間という名の解けない折り紙

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
福岡 伸一

時間はどこで生まれるのか (集英社新書) もう牛を食べても安心か (文春新書) 環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024)) 反転―闇社会の守護神と呼ばれて 「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/405-07920ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。