1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつまでもデブと思うなよ
岡田斗司夫



ローリスク・ハイリターン




blogランキングのご協力お願いします。
続きを読む前に、クリックお願いします!!

今回のポスト・イット

●なんとか主義
数百年続いた家柄主義
約100年の学歴主義
数十年のブランド主義
そして
自分の気持ち至上主義へ


●太る理由
やせている人、太る人の差は、太りやすい、太りにくいという体質差よりも、太り続けるような食事や行動による差のほうが大きい。



この本はお奨めです
かなり面白いと思います。

太っている人にも
そうでない人にも
読んでもらいたいです。



目次
序 章 一年で五〇キロやせたよ  
  成功するダイエットは楽しい。精神力も我慢もいらない最高の娯楽である。
第一章 「見た目主義社会」の到来  
  学歴主義は終焉した。見た目重視の現代社会で確実に損をする存在が「デブ」なのだ。
第二章 ダイエット手段の格付け  
  MBAや英会話にあくせくするくらいならば、まず痩せるべきだ。それも楽しく効率よく。
第三章 助走・太る理由  
  デブの正体。それはカロリーという名の不良債権を増やし続ける多重債務者である。
第四章 離陸・カロリーを計算してみる  
  好物イコール高カロリー。ネットを駆使して判明したのは冷徹な事実であった。
第五章 上昇・カロリーを制御する  
  ついに浮上開始。一週間に一キロの驚異のペースで私は軽くなっていった。
第六章 巡航・いろいろやってみる  
  太ろうとする我が体との騙し合い、駆け引きが始まる。勝つのはどっちだ。
第七章 再加速・体の声を聞く  
  欲望型から欲求型へ。身体が本当に欲するものが何かが見えてきた。
第八章 軌道到達・ダイエットの終わり
  〇・五%の狭き門を突破。自己コントロールできる方法を手に入れた。
終 章 月面着陸・ダイエットは究極の投資である 
  重力から解放され新しい体を手に入れると、そこは別世界だった。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61) ホームレス中学生 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891) 「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
是非、読んでみたい!!!
まさに『デブ』なので、買うのが恥ずかしいですが・・・。読んでみよっかな。
2007/11/23(金) 16:16 | URL | とみちゃん #-[ 編集]
ほんまに
お薦めです。


一番人に勧めてる本やねんv-218
2007/11/24(土) 01:06 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/398-44c96b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。