1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人を10分ひきつける話す力
斎藤孝



されど10分スピーチ




blogランキングのご協力お願いします。
続きを読む前に、クリックお願いします!!

今回のポスト・イット

●魅力ある話
1.共感できる話であること。
2.何かを引き起こす、発見の喜びがある話であること。


●知情意体
1.知性:知識を身につけること。
2.感情:人の気持ち、感情を読み取る力
3.意思:強いメッセージ性
4.体:身振り手振り、ジェスチャー


井上ひさしさん曰く
難しいことを面白く、面白いことを深く、深いことを易しく




一分スピーチを週代わりでやっている。
これがなかなか難しい。

まず、一分ではない。
一度リハーサルすれば時間は分かるはずなのだが・・・
一分を超える人がほとんどだ。

さらに
早口。
なのに、一分越え。
5分間早口はまさに神業。


そして
声が小さい。
エアコンの音でかき消される・・・


と、
書いている本人の喋りが
一番これに当てはまってたりする。


この本を読んで
明日からのスピーチに活かしていこうと
思う今日この頃。



目次
第1章 「話す力」とは知情意体だ
(意味の含有率を意識しよう・人をひきつける話とは・話す力の基本は対話力だ)
第2章 人をひきつける話をしよう
(ネタ主義―話す前の準備・テーマ主義―何を話すか・ライブ主義―話す現場で何をやるか)
第3章 話すトレーニング
(話す力がつく基本トレーニング・話す力がつく応用トレーニング)

人を10分ひきつける話す力人を10分ひきつける話す力
斎藤 孝

コミュニケーション力 (岩波新書) 原稿用紙10枚を書く力 質問力―話し上手はここがちがう コメント力 「齋藤孝の相手を伸ばす!教え力」

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/377-02eaa72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。