1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレゼンテーションデザイン
川崎和男



読ませるより見せる




HPより
コンピュータを使ったプレゼンを日本で最も早くから手がけていたのが川崎和男氏だ。
「プレゼンでコンピュータに一番最初に飛びついたのが僕だと思います。
マッキントッシュを最初に認めたのも僕だと思うし。その後、プレゼンに使えるアプリケーションとしては、アイディアプロセッサーを経て白黒のパワーポイントが登場して来ます。
もちろん、主なプレゼンソフトは全部使ってきました」

続きはこちらから→日経BP net HP



目次
第1章 「口説き」、それは三位一体
第2章 「わがまま」と「誠実さ」
第3章 タブーの逆説、「いい加減」なプレゼンの「良い加減」づくり
第4章 「好・安・記」のプレゼンテーション

プレゼンテーションの極意プレゼンテーションの極意
川崎 和男

川崎和男 ドリームデザイナー―課外授業ようこそ先輩・別冊 (別冊課外授業ようこそ先輩) デザインの極道論―「感性の言葉」としての形容詞 (MAC POWER BOOKS) デザイナーは喧嘩師であれ―四句分別デザイン特論 (MAC POWER BOOKS) デザインという先手 日常的なデザインガンビット (MAC POWER BOOKS) デザインは言語道断! (MAC POWER BOOKS)

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/368-b4fe5cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。