1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方
安田佳生 著

今回のポスト・イット

●死に直面した人が口にするせりふ
「やりたいこと、やっときゃよかったな」
充実した人生とは死ぬ間際にくいが残らない人生。悔いとは「できなかった」という結果に対して抱く感情ではなく、「やらなかった」というプロセスに対して抱く感情である。

●人生を安定させるのは、月三万円の貯金ではない。
不安な気持ちは残るが、少々の貯金を増やすことは人生の安定には結びつかないという事実を認めなければならない。人生を安定させるために必要なものはお金ではなく、能力である。そのために能力の貯蓄を行わなければならない。その能力とは「いつでもフリーになれるスキル」「辞められると困るといわれるスキル」「あらゆる企業で適用できるスキル」である。

●自分にとっては、自分の人生だけが特別
まだ、実績を上げていない自分に対して、根拠のない自信を持ってやれるのは自分だけ。世の中全ての分野において、何の才能もない人間がいるとしたら、それこそ特別。

●過去の実績で未来は決まらない未来の実績が過去に対する評価を決定している。未来さえつかみとることができれば、過去に対する周囲の評価など、一変してしまう。

●「何をやるか」ではなく「誰とやるか」
誰と働くかということは、想像以上に仕事の質に直結する。この人と一緒に働きたい、どんな仕事も、どんな苦労もできると思える魅力的な人を見つけることは、仕事という枠を超え、人生においても大きな転機になるに違いない。

●人材育成は「底上げ」ではない
組織をどれだけ強いチームにできるかは、できない人のレベルを上げることによって平均値を上げるのではなく、成績トップのできる人に、どれだけ先を走らせるかで決まる。ほかの人は、そのトップを目標とし、トップに引っ張られて伸びるのである。

●自ら操縦桿を握る人生でありたい大事なのは、はたしてこれで自分のスキルが上がっていくのかどうかと、考え続けることであり、仕事を選ぶときの基準をそこに置くこと。人生の軌道修正はいつでも必要。たとえほとんど動かしていなくてもハンドルをしっかり握っていないとまっすぐな道であっても、車はまっすぐに進まない。

目次
第1章 仕事選びは人生選びだ
第2章 「根拠のない自信」を信じてこそ人生
第3章 「仕事選び」の勘違い、「能力の高め方」の大間違い
第4章 社員の価値を高める魅力的な経営者の条件
第5章 「自らハンドルを握る人生」をつかみ取るための心構え

採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方
安田 佳生

サンマーク出版 2006-03-02
売り上げランキング : 3756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/34-b2d03a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。