1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親が子に語る「働く」意味
鳥居徹也



生きるために働く・・・
働くために生きる・・・





blogランキングのご協力お願いします。
本日のランキングはいかに??クリックお願いします!!

今回のポスト・イット

高村光太郎「道程」
僕の前に道はない
僕の後ろに道はできる


●ジョセフ・キャンベル(神話学者)
人間が本当に探求しているのは、今生きている経験である。

今生きている経験=努力のプロセス


●辛抱と我慢
辛抱:未来につながるつらい時期
我慢:自分ではどうしようもないことで、未来につながらない時期



お奨めの一冊です
この本は良いですね。

哲学的なところも
分かり易く
読み易く書かれてます。



目次
序章 働くことは、生きることである
第1章 親が子に明かす「フリーターの真実」
第2章 親が子に示す「夢の現実」
第3章 親が子に教える「努力の意義」
第4章 親が子に伝える「挫折の価値」
第5章 親が子に与える「勇気と力」
第6章 親が子に語る「働く意味」

親が子に語る「働く」意味親が子に語る「働く」意味
鳥居 徹也

フリーター・ニートになる前に読む本 「いじめ」は必ず解決できる―現場で闘う教師たちの実践 医学は科学ではない 天才がどんどん生まれてくる組織 日本を滅ぼす教育論議

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/315-f2bca9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。