1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
齋藤孝のアイデア革命
齋藤孝



アイデアを出すということ




blogランキングのご協力お願いします。
本日のランキングはいかに??クリックお願いします!!

今回のポスト・イット

●暗黙知
言葉や図式として表現できないが、明らかに存在する知識。
自分では意識しない習慣など。


●形式知
暗黙知を意識化、言語化したもの。


●アイデアの暴走
アイデアは暴走しやすい。その原因は思い込みであり、その対処法として有効なのが、実体験である。


●アイデアの創造
アイデアを出す人と出せない人には明らかな差がある。それは実体験の蓄積の差であり、その経験を自分で認識できるか否かの差である。


●会議の目的
互いの意見を述べ合い、暗黙知を引き出し、共有化する。そして新しいアイデアを導き出すことである。


ご存知
三色ボールペンで御馴染みの
齋藤孝さんの本です。

わたくしも
影響された一人であり
4色ボールペンを愛用中。

なかなか
アイデアって出ないものです。
が、
この本を読んで
ちょっとでも出るように頑張ります!!

・・・頑張りましょう。


目次
1章 「空欄を埋めよ」型の問題提起がアイデアを生む
(「空欄を埋めよ」でアイデアは噴出する・アイデアの基本は「ずらす」「つなげる」 ほか)
2章 「身体感覚」から発想する
(“独創性”だけでは、いいアイデアは生まれない・アイデアのカギは、「暗黙知」の「形式知」化にある ほか)
3章 「スケール型発想」で考えよう
(たった二〇円の値引きが、“お得感”を生む・無理やりな目標設定で、発想はガラリと変わる ほか)
4章 「デフォルメ」の技化
(「ユニバーサルデザイン」を突き詰めれば「デフォルメ」になる・機能を追求すればデザインが変わる ほか)
5章 アイデアを生む会議の方法
(“対話”の中からアイデアが生まれる・会議の目的は一つ、アイデアを出すこと ほか)

齋藤孝のアイデア革命齋藤孝のアイデア革命
齋藤 孝

会議革命 PHP文庫 自己プロデュース力-自分を演出できる人は成功する[予定価格] まずこのセリフを口に出せ!!ビジネスハンドブック ストレス知らずの対話術 齋藤スタイル―自分を活かす極意

by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/04(水) 14:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/259-27b3f3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。