1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社は誰のために
御手洗冨士夫×丹羽宇一郎


今、経営者が考えていること

元気を出せ、サラリーマン



今回のポスト・イット

●平等から公正へ
今後、今までのような平等の世界ではなく、公平な世界へ移行していく。
平等は非競争の哲学であり、公正はフェアな競争哲学である。
グローバリゼージョンの波に乗りフェアな競争を戦い続けることのできる企業体質を創っていかなければならない。


●改革力
全体的な目標をハッキリさせること。その上で、それぞれの手段を見極めることが重要。
「始めがあって終わりが無い」のが改革であることを感じなければならない。


●仕事とは
手段であって目的ではない。
利益を生まない事業は全て止める。


自律自省
日本
 自らを律し、自らを省みるのが自律自省。武士道、儒教精神を受け継いでいる。

アメリカ
 自分の事を他人が律し、他人が反省を促すのが他律他省。


●経済再生
製造業の復活なくして、経済再生はない。
資源の少ない日本は外貨を稼がなければならない。高付加価値の製造の復活が鍵となる。


●FTA(自由貿易協定)
二国間または地域間(多国間)の協定により、モノの関税や数量制限など貿易の障害となる壁を相互に撤廃し、自由貿易を行なうことによって利益を享受することを目的とした協定。


●EPA(経済連携協定
自由貿易協定と異なり、ただ単に関税を撤廃するなど、通商上の障壁を取り除くだけでなく、締約国間で経済取引の円滑化、経済制度の調和並びに、サービス、投資、電子商取引等、さまざまな経済領域での連携強化・協力の促進等をも含めた協定。



またまた
御手洗冨士夫さんの本です。

ごめんなさい
丹羽宇一郎さんは知りませんでした。
有言実行の方のようです。


対談モノなので
「あなたはそうだが、私はこうだ」
と、ともすれば自慢話集になってしまうところですが
とても読みやすくまとめられています。

編集者の腕なのか
対談者の話が良いのか

良い本です


FC2ブログランキング
おかげさまで、本日ランキング5位です!!
上位キープ中です。ポチッとお願いします!!

人気blogランキング
おかげさまで、本日ランキング52位です!!
こちらもゆっくり上がってきました。ポチッとお願いします!!

今流行の有機野菜は…
野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。まずは安心食材を試してみませんか?


大切なあの人に…
全国送料無料!ハッピーフラワーギフト


温泉の季節には…



会社は誰のために会社は誰のために
御手洗 冨士夫 丹羽 宇一郎

文藝春秋 2006-07
売り上げランキング : 942
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これおもしろそうですね。
次読む本はこれにしようかな。
2006/11/13(月) 19:36 | URL | P206 #-[ 編集]
御手洗さんは
今旬やしな。

http://hinamixx.blog59.fc2.com/blog-entry-114.html
よりは
お勧めやでv-218
2006/11/13(月) 20:55 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
ひなみっくすさん、こんばんは!
> 利益を生まない事業は全て止める。
これが実際には難しいんですよね。「頑張ったから」と言い出すと危ないです。
2006/11/15(水) 01:36 | URL | 手文庫 #-[ 編集]
そうですよね。
こういった決断が
できる人、できない人の
境目なんでしょうか…
2006/11/15(水) 22:40 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/137-f2998d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。