1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんぱんはなぜ売れ続けるのか
井上昭正



本物の良さを知る

100年間、戦い続けている企業の力とは




今回のポスト・イット


●プレスティジアス戦略
高級イメージ戦略。
高級感を企業のイメージやスタイルで打ち出していく方法。


●プロモーショナル戦略
一般消費者への販売促進を企業のイメージやスタイルで打ち出していく方法。


●プル戦略
直接広告やパブリシティなどの手段で消費者の購買意欲を刺激し、指名買いをするように仕向けていく販売戦略。


●プッシュ戦略
セールスマンによる人的販売方式。


●ゼロエミッション
国連大学が提唱しているコンセプト。
産業から排出されるすべての廃棄物や副産物が、他の産業の資源として活用され、全体としていかなる形の廃棄物を生み出さない統合化された生産を目指そうするプロジェクト


●GSS方式のマーケティング
初期の目標(Goal)
最も効果的な戦略(Strategy)
最も能率的なシステム(System)

会社経営の基本は、明確な経営目標を設定してその目標を達成するための最も効果的な経営戦略を練り、さらにその戦略を展開するための最も能率的な経営システムを構築することである。



TVでも
特集を組まれるよな企業や商品を例にとっての
マーケティングについて書かれています

御馴染みの商品の開発秘話もあり
読みやすい内容になってます



それぞれの企業のポリシー
お客様の幸福
温故知新
楽業偕悦
約束と感謝
開拓精神


目次

第1幕 日本初・和洋食文化を創造した木村屋總本店の「桜あんぱん
第2幕 世界初・世界オンリーワンの「金鳥の渦巻」かとり線香
第3章 家族の一員として愛され続ける「キユーピーマヨネーズ
第4幕 日本を世界に輝かせた「田崎真珠
第5幕 健康長寿に貢献する「カゴメ・ブランド」
第6幕 オフィスを革新するイノベーターの「イトーキ」
第7幕 「書く文化」を継承・創造する「ゼブラ・ブランド」


FC2ブログランキング
おかげさまで、本日ランキング6位です!!
5位圏内目指します。ポチッとお願いします!!

人気blogランキング
おかげさまで、本日ランキング67位です!!
こちらもゆっくり上がってきました。ポチッとお願いします!!

今流行の有機野菜は…
野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。まずは安心食材を試してみませんか?


大切なあの人に…
全国送料無料!ハッピーフラワーギフト


温泉の季節には…




あんぱんはなぜ売れ続けるのかあんぱんはなぜ売れ続けるのか
井上 昭正

清流出版 2006-08
売り上げランキング : 46481
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひなみっくすさん、こんばんは!
はじめタイトルから見て、「どこがアンパンにつながるんだろう」と思いましたが内容が深そうです。開発秘話って面白いですよね。
2006/11/09(木) 01:43 | URL | 手文庫 #-[ 編集]
トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきますね。
本の内容がとてもよくまとめられていてよいですね。
また遊びにきます。
2006/11/09(木) 02:17 | URL | AKSK (札幌の家庭教師なら「考動力研究会」) #1HIOYR6Q[ 編集]
この本がどんな本なのか想像できました。すごくわかりやすい説明だと思います。
2006/11/09(木) 15:04 | URL | MORRIS #-[ 編集]
そうなんですよ。
アンパン(老舗の味)が
いかに素晴らしいマーケティングによって
売られているのかv-237

と、いう本なんですv-87
2006/11/09(木) 22:26 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
こちらこそ
ありがとうございますv-222
2006/11/09(木) 22:28 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
ありがとうございます。

そんな
コメントが励みになります。
2006/11/09(木) 22:29 | URL | ひなみっくす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hinamixx.blog59.fc2.com/tb.php/133-fa731781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の本、特に新書に、面白いタイトルの本が多い。『千円札は拾うな。』『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』『あんぱんはなぜ売れ続けるのか』『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』よく本屋に行く人であれば
2006/11/09(木) 02:16:34 | 考える力、動く力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。