1ヶ月に10冊を目標にビジネス、新刊書、時事、TOPPOINT、プロ論や自己啓発等 要約で紹介してます。 日記も書いてますんで、気楽に読んでください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節約志向の客をつかめ~外食“激安”バトル~
クローズアップ現代



腹一杯の外食から、胸いっぱいの外食へ




HPより
いま外食産業の間で激しい値下げ競争が繰り広げられている。

牛丼330円、280円均一居酒屋、サラダ・デザート食べ放題で1050円のステーキハウス…。
背景に有るのは、100年に一度の大不況のなか、かつてなく高まる消費者の安さを求める声だ。

しかし、"激安"が恒常化するなか質の低下などが原因で、客離れに直面するなど、弊害も出始めている。
そうしたなか、不況の中でも消費者を引きつける付加価値はないのか、低価格以外の方策を模索する動きも起こっている。

激しい価格競争に翻弄される企業の取り組みを取材する。


スポンサーサイト
情熱大陸水戸岡鋭治
工業デザイナー


良いデザイン

     ではなく

    正しいデザイン



HPより
特急「ゆふいんの森」、特急「ソニック」、観光列車「いさぶろう・しんぺい」・・・九州を走る鉄道は、他の地域のものと較べて見た目も内装もかなり個性的で、近年は、このような電車に乗ることが目標で九州を訪れる観光客が増えている。
そのデザインを一手に手がけているのが水戸岡。
制限の多い鉄道車両という分野において、ひたすらそれを使う乗客の立場に立ったデザインを提示し続けてきた。
乗客にとって心地よいに違いないと信じる時には、一歩も引かない議論をやり合う。
そんな姿勢を通す中から、他の地域ではまず見られない個性的な鉄道が九州を走るようになった。

 2008年夏から9ヶ月に及ぶ番組取材の中で、水戸岡は、熊本~人吉間を結ぶSLに、かつて鉄道の黄金時代を築いたガラス張りの展望車輌を新しいデザインで再生させ、九州新幹線「つばめ」を徹底的なこだわりを持ってリニューアルし、別の地区でも、廃線の危機に瀕していた和歌山電鉄に、遊び心にあふれた「いちご電車」「おもちゃ電車」に続いて「たま電車」をデザインし、多くの観光客を呼び込むことに成功した。

 職人気質の水戸岡は、現場の職人たちを叱り飛ばすこともザラ。
それでも職人たちは、水戸岡のデザインを現実化させていくことが楽しくてしかたがない。
職人のやりがいや才能を刺激するデザインを提示する水戸岡は、一人一人のエネルギーを圧倒的に高める中で生産性を上げてきた。


 いいデザインではなくて「正しい」デザインを目指す水戸岡。
氏の仕事のあり方は、この取材の中でも全くぶれることなく首尾一貫したもの。
正義を貫く、団塊世代にして超一級の工業デザイナーの多忙かつ情に厚い日々に密着した。

宇宙飛行士はこうして生まれた ~密着・最終選抜試験~
NHKスペシャル


090308_header.jpg


2月25日、10年ぶりに2人の日本人宇宙飛行士の候補者が誕生した。

今回、宇宙航空研究開発機構(JAXA・ジャクサ)が実施した選抜試験には過去最多の963人の応募があり、30代以上の働き盛りが8割を占めた。
宇宙飛行士の募集は10年間行われてこなかったため、いったんは夢を諦めてそれぞれの人生を歩んでいた人たちが「最後のチャンス」と、家族や職場を説得し試験に臨んだのだ。

1月、最終選抜試験まで残った10人も、サラリーマン、技術者、パイロットなど、いずれも30代の男女。回転する椅子で「宇宙酔い」にどれだけ耐えられるのかを測られたり、宇宙ステーションを模した施設に閉じこめられて共同生活の様子を監視されたり、2週間にわたる実技試験が行われた。
NHKはこの試験の様子を初めて撮影することを許された。

「宇宙に行きたい」という子どもの頃からの夢に、全力で挑んだ大人たち。

彼らは過酷な試験や応援する家族とふれあいを通して何をつかみとったのか、密着ルポで見つめた。



宇宙飛行士の資質
1. リーダーシップ
2. ストレス耐性
3. 場を和ませる力
4. 緊急対応
5. 覚悟



NHKスペシャル|宇宙飛行士はこうして生まれた ~密着・最終選抜試験~

新しい文化「フィギュア」の出現 ~プラモデルから美少女へ~
ETV特集


img1130_02s.jpgimg1130_04s.jpg


HPより
フィギュアの元祖は、子供の玩具、ホビーと考えられたプラモデル。
この分野をリードしてきたのがたった1坪半のプラモデル屋からはじめた海洋堂。
店主の宮脇修は、町のプラモデルファンを鍛えてプロの造形師集団に育て上げる一方、「ガレージキッド」とよばれるプラモデル用の特殊な型作りを進化させフィギュアという、新しい形態を造りだした。
このチームの造形技術、図像読み取り感覚が、現代の文化現象フィギュアの源流となっていく。

番組では、青春をフィギュアの発展と共に歩んだ岡田斗司夫氏を案内役に、造形師ボーメの制作現場にカメラを入れて、その造形の秘密に迫る。
さらに勃興するフィギュア文化に関心をもつ民俗学、解剖学、美術などの識者の意見を通して、フィギュアのもつ魅力、意味を浮き彫りにする。


案内役:岡田斗司夫

ゲスト:
村上隆、佐々木幹郎、山田五郎、荒俣宏、上田紀行、布施英利 ほか



ETV特集 HP

障害者に働く喜びを
カンブリア宮殿:テレビ東京系

ゲスト:大山泰弘(おおやま・やすひろ)氏日本理化学工業 会長



禅僧の和尚さんに言われた言葉

人間の幸せは、

人に愛されること
人にほめられること
人の役に立つこと
人から必要とされること


仕事とは、これらのことを叶えることができるものである。



カンブリア宮殿 HP:テレビ東京系

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。